あなたにできること

野生の世界を守るために、誰にでも、すぐにでも、できることがあります。

スポンサーからの寄付

②gooddo(グッドゥ)『NPO法人 野生生物保全論研究会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
gooddoのJWCSのページに行き、毎日クリックをするだけで、支援金が「野生生物保全論研究会」に届けられます。
他にもgooddo内ではFacebookのいいね!やネットでのお買い物、Facebook記事のシェアでもご支援をしていただけます。
ご支援頂いたお金は、人間が利用することで絶滅の危機にある世界の野生生物を守るための活動に活用させて頂きます。
右のバナーからJWCSの応援ページに入って、1日1クリックをお願いします。

買い物をするとき地球のことを考える

▪絶滅のおそれのある野生生物を使ったものを買わない
ワシントン条約の対象になっている象牙、べっ甲、宝石サンゴ、マホガニー▪黒檀などの高級木材、爬虫類や哺乳類の毛皮製品、ペット用の両生爬虫類など、商業取引が絶滅の要因になっている野生生物がいます。需要がある限り違法取引が続き、野生生物を脅かすだけでなく犯罪組織の資金源にもなります。

ヘビやワニの皮で作られた靴や鞄象牙

 

▪環境に配慮した「認証マーク」のついた商品を選ぶ
消費活動を少しでも環境に配慮したものに変えるため、認証マークの付いた商品を選ぼう。

▪「それって必要?」を考える
人間活動による地球への影響を減らすため、大量消費・大量廃棄のライフスタイルを見直そう。

伝える

世界の野生生物の状況や保全の取り組みを、多くの人に伝える活動にご協力ください。
「野生生物と共存する社会の実現」には、まず多くの人が状況を知ることが重要です。

▪Twitter
  JWCSのtwitter新しいタブまたはウインドウで開きますをぜひフォローしてください。

▪Facebook
  JWCSのFacebook新しいタブまたはウインドウで開きますのファンになってください。

▪ボランティア
  JWCSは、野生生物の保護や取引などに関わる世界のニュースを和訳して、ブログ「ワイルドライフニュース」新しいタブまたはウインドウで開きますで広く一般の方に知っていただけるようにお知らせをしています。
  このブログは、JWCSの翻訳ボランティアとして登録された方々の協力によって運営しています。もし翻訳にご協力いただける方は、ページ一番上のお問い合わせ新しいタブまたはウインドウで開きますから、翻訳ボランティアに登録希望、ということでお知らせください。

✽その他に、JWCS主催の各種のイベントや、調査事業などの一時的なボランティアを募集させていただく場合があります。そのようなボランティアは、Facebookやメールマガジン、JWCSのホームページでお知らせをさせていただきますので、ぜひ情報をチェックしてみてください。

▪メールマガジン(登録は無料)
  メールマガジン「JWCS WILDLIFE NEWS !」を月に1回発行しています。
JWCSが主催・後援するイベントのお知らせや、野生生物をめぐる世界のニュースをお知らせしますので、ぜひご登録ください。

バックナンバーは「まぐまぐ」から 新規タブまたはウインドウで開きます

配信登録

メールアドレス:

▼配信を解除される方はこちら
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ

最新号

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
            メールマガジン
     JWCS  WILDLIFE NEWS !

       【vol.128  2017年 7月 7日】

          http://www.jwcs.org
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
JWCSの事務所がある武蔵境には、伝言板(?)のあるラーメン
屋さんがあります。近くに日本獣医生命科学大学や亜細亜大学、
武蔵野大学があるため、サークルの会員募集や落書きがほとんどで
すがJWCSのイベントのお知らせも貼らせてもらっています。
今回の公開理論研究会のお知らせのため、暑かったけれど貼ると
きとはがす時の2回、ラーメンを食べに行きました。でもラーメン
屋さんの掲示を見て参加する人はまだいないのが残念です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 4日で成立 商業捕鯨推進法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5月、種の保存法改正のロビー活動の中で、調査捕鯨を、商業捕
鯨をめざすものとして法律に位置づける、通称・商業捕鯨推進法が
超党派の議員立法で提案されることが分かりました。
「生物多様性保全・法制度ネットワーク」のメンバーのイルカ&
クジラ・アクション・ネットワークが中心となって働きかけ、参議
院農林水産委員会での山本太郎議員の質問や、衆議院での院内集会
を実現しました。
しかし、共謀罪の審議で国会の開催が流動的な中、法案が公表さ
れてから、わずか4日間で可決成立してしまいました。
この法律に関し、イルカ&クジラ・アクション・ネットワークが
廃止を求めるNGO共同声明を呼びかけ、JWCSも賛同しました。

NGO共同声明
http://www.jwcs.org/data/170627_whaling_opinion.pdf

必見!山本太郎参議院議員 質問動画(10分)
「文化じゃなくて水産庁の利権なの」
http://www.taro-yamamoto.jp/national-diet/7243
現在行われている捕鯨は文化ではないと文化庁が答弁。

商業捕鯨の実施等のための鯨類科学調査の実施に関する法律
http://bit.ly/2sLVIUj
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 公開理論研究会を開催しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年度 公開理論研究会を6月17日に開催しました。
今年のテーマは永石文明(JWCS理事)が
「企業のリスク管理とNGOとのパートナーシップによる取り組み」
について話題提供をしました。
 企業活動が生態系サービスに依存しているという意識の広がり
から、企業活動の持続のためのリスク管理として、自らの事業を生
態系サービスの点から評価し改善する動きがあります。
このような取り組みに関連し、国内外で企業とNGOが協働する
例が紹介されました。
参加した大学生から「口どけのよいチョコレートは、パーム油を
使っているという話があったが、代わりの製品が手に入らない」
などの意見や、企業とNGOとの協働が成功要因に、多数のさまざ
まなセクターの団体が参加できるオープンな仕組みがあったこと
などが話し合われました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ ワシントン条約動物委員会 参加報告会を開催します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ワシントン条約の動物の専門家が集まる動物委員会が、7月18
日~22日にスイスで開催されます。JWCSは初めて動物委員会に
研究者をオブザーバーとして派遣します。ウナギやサメなど水生生
物の議題を中心に、参加報告会を下記のように行います。ご参加を
お待ちしています。

●ワシントン条約動物委員会 参加報告会
主催:認定NPO法人 野生生物保全論研究会(JWCS)
報告者:真田康弘(早稲田大学地域・地域間研究機構客員講師)
日時:2017年8月4日(金)18:30-20:30 (開場18:00)
場所:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)(東京・表参道)
http://www.geoc.jp/access/
参加費:一般1000円 学生500円(資料代等)
申込:不要 直接会場にお越しください

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
JWCSとは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人間にとっての自然環境を守るためにも、野生生物界が健全に維
持されることは必要不可欠です。野生生物は多様なので、人間との
共存を達成する方法もさまざまであると考えられます。
中でも日本が野生動植物を商業的に利用することでその存続を危
うくしている野生生物種の保全を中心に、緊密に連携しあう実践と
理論の構築を行っています。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
★当会への寄付金・正会員会費は所得税・都民税・相続税・
法人税の優遇措置の対象になります。
ご入会・ご寄付のご案内(クレジットカードがご利用になれます)
→http://www.jwcs.org/join/person.html
 Tel/Fax 0422-54-4885
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

=================================================
JWCS WILDLIFE NEWS! / Vol.128 2017.7.7
認定NPO法人 野生生物保全論研究会(JWCS)
URL :http://www.jwcs.org
メール :info@jwcs.org
Twitter:https://twitter.com/JWCSJWCS
Facebook:現在537いいね!
https://www.facebook.com/JapanWildlifeConservationSociety/
〒180-0022 東京都武蔵野市境1-11-19 モウトAPT102
TEL: 0422-54-4885
発行人:安藤元一  編集人:鈴木希理恵
=================================================
  • 入会・寄付する
  • メルマガに登録する
  • オピニオンブログ
  • 世界のニュースブログ
 

特定非営利活動法人 野生生物保全論研究会(JWCS)
〒180-0022 東京都武蔵野市境1-11-19 モウトAPT102
TEL/FAX:0422-54-4885

(c)copyright JWCS All Rights Reserved.