あなたにできること

野生の世界を守るために、誰にでも、すぐにでも、できることがあります。

スポンサーからの寄付

②gooddo(グッドゥ)『NPO法人 野生生物保全論研究会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
gooddoのJWCSのページに行き、毎日クリックをするだけで、支援金が「野生生物保全論研究会」に届けられます。
他にもgooddo内ではFacebookのいいね!やネットでのお買い物、Facebook記事のシェアでもご支援をしていただけます。
ご支援頂いたお金は、人間が利用することで絶滅の危機にある世界の野生生物を守るための活動に活用させて頂きます。
右のバナーからJWCSの応援ページに入って、1日1クリックをお願いします。

買い物をするとき地球のことを考える

▪絶滅のおそれのある野生生物を使ったものを買わない
ワシントン条約の対象になっている象牙、べっ甲、宝石サンゴ、マホガニー▪黒檀などの高級木材、爬虫類や哺乳類の毛皮製品、ペット用の両生爬虫類など、商業取引が絶滅の要因になっている野生生物がいます。需要がある限り違法取引が続き、野生生物を脅かすだけでなく犯罪組織の資金源にもなります。

ヘビやワニの皮で作られた靴や鞄象牙

 

▪環境に配慮した「認証マーク」のついた商品を選ぶ
消費活動を少しでも環境に配慮したものに変えるため、認証マークの付いた商品を選ぼう。

▪「それって必要?」を考える
人間活動による地球への影響を減らすため、大量消費・大量廃棄のライフスタイルを見直そう。

伝える

世界の野生生物の状況や保全の取り組みを、多くの人に伝える活動にご協力ください。
「野生生物と共存する社会の実現」には、まず多くの人が状況を知ることが重要です。

▪Twitter
  JWCSのtwitter新しいタブまたはウインドウで開きますをぜひフォローしてください。

▪Facebook
  JWCSのFacebook新しいタブまたはウインドウで開きますのファンになってください。

▪ボランティア
  JWCSは、野生生物の保護や取引などに関わる世界のニュースを和訳して、ブログ「ワイルドライフニュース」新しいタブまたはウインドウで開きますで広く一般の方に知っていただけるようにお知らせをしています。
  このブログは、JWCSの翻訳ボランティアとして登録された方々の協力によって運営しています。もし翻訳にご協力いただける方は、ページ一番上のお問い合わせ新しいタブまたはウインドウで開きますから、翻訳ボランティアに登録希望、ということでお知らせください。

✽その他に、JWCS主催の各種のイベントや、調査事業などの一時的なボランティアを募集させていただく場合があります。そのようなボランティアは、Facebookやメールマガジン、JWCSのホームページでお知らせをさせていただきますので、ぜひ情報をチェックしてみてください。

▪メールマガジン(登録は無料)
  メールマガジン「JWCS WILDLIFE NEWS !」を月に1回発行しています。
JWCSが主催・後援するイベントのお知らせや、野生生物をめぐる世界のニュースをお知らせしますので、ぜひご登録ください。

バックナンバーは「まぐまぐ」から 新規タブまたはウインドウで開きます

配信登録

メールアドレス:

▼配信を解除される方はこちら
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ

最新号

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
            メールマガジン
     JWCS  WILDLIFE NEWS !

       【vol.126  2017年 5月 2日】

          http://www.jwcs.org
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
 衆議院本会議の傍聴に行きました。国会は小学校の遠足で見学し
た、遠い遠い記憶しかありません。受付や荷物検査の後、ノートと
筆記用具以外をロッカーにしまい、警備の人(衛視と言うそうです)
に連れられ、あちこち歩いて傍聴席に着きました。避難経路の緑の
看板がどこにもなくて、一人では帰れそうもありません。傍聴席は
飛行機のエコノミー席より狭くて、足の長い人を想定していなかっ
たようです。重厚な造りの議事堂を見回して、この国が戦争を始め
たときの議論もこの部屋は聞いていたのかなぁ、などと考えました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 国会で種の保存法改正が審議されています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の
保存法)」の改正が国会で議論されています。
 JWCSは「種の保存法改正法案へのNGO共同意見書」の中で意見を表
明し、他団体とともにロビー活動をしています。

NGO共同意見書
http://www.jwcs.org/data/170407_LCES_opinion.pdf

 改正法案は4月28日に衆議院で可決され、参議院に送られました。
この法改正でJWCSは、ペット販売と象牙国内取引に注目していま
す。
 ペット販売に注目する理由は、ワシントン条約で国際取引が禁止
されている動物のペット販売において、合法に取得したことを証明
する「登録票」を使った不正があるからです。JWCSはスローロリス
のペット販売について以前から調査しており、不正が疑われるケー
スを警察や環境省に通報していますが、立件には至っていません。
なぜなら現在の登録制度では、違法であることを証明することが困
難だからです。
 そのため、今回の改正はマイクロチップなど個体識別の導入と、
登録に期限を設けて動物の死亡後に登録票の使いまわしができない
ようにするということになっています。
 しかし登録票には所有者の名前すら書かれておらず、販売の現場
で警察官が違法であるかどうか判断する手がかりにはなりません。
スローロリスの場合は研究者が登録票に記載された日付から考えら
れる年齢と、生き物の年令(幼体特有のふわふわした毛におおわれ
ているなど)から違法であることに気付きました。
 さらにこの幼体を誰が繁殖させたのか、または密輸したのか登録
票からはわかりません。食品であれば製造者や輸入者の会社名と所
在地がラベルに書かれていますが、登録票にはそのような情報はあ
りません。この登録票の問題を松田直久議員が衆議院本会議で質問
しましたが、環境大臣は所有者の名前を書かないのは事務作業が煩
雑だからと答えています。
 国際取引が禁止されている絶滅危惧種の所有や売買を管理する作
業が「煩雑」とは、国際的な責任を果たす気がないのかとがっかり
しました。

衆議院インターネット審議中継 4月11日
松田直久議員
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?

ex=VL&deli_id=47017&media_type=fp

 2016年のワシントン条約締約国会議で「密猟または違法取引の一
因となる、合法化された国内象牙市場の閉鎖」の勧告が採択されま
した。今回の種の保存法改正では、象牙業者の登録制度を設けたも
のの国内市場閉鎖とは程遠い状況です。
 環境大臣は、個人の押し入れなどに眠っている、加工の原材料に
できる大きさの象牙の登録キャンペーンをやると発言しています。
しかし現在の登録制度では、家族・同居人以外が「規制前から所有
していた」と一筆書けば登録できてしまいます。
環境省は衆議院環境委員会で「検討する」と答弁しましたが、一筆
書きさえすればよい制度で象牙登録キャンペーンを行えば、世界で
取り組んでいる象牙国内市場閉鎖に逆行し、疑わしいものも合法と
認められた象牙が、日本の市場に供給されるおそれがあります。
 それは、アフリカの密猟者や国際犯罪シンジケートにビジネスチ
ャンスの合図を出すことになってしまいます。ワシントン条約締約
国会議で国内象牙市場閉鎖が提案された背景には、密猟・密輸者に
密猟しても無駄だと思わせたいというゾウ生息国のねらいがありま
した。
 5月に行われる参議院での審議に向けて、衆議院での議論を踏ま
えて上記の問題を提起していきます。

衆議院インターネット審議中継 環境委員会
4月21日
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?

ex=VL&deli_id=47074&media_type=fp

4月25日
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?

ex=VL&deli_id=47094&media_type=fp

田島一成議員がエキゾチックペット販売や象牙のネット販売の問題
を指摘しています。

塩川鉄也議員が象牙登録の問題を指摘しています。
(話題になっている自然環境研究センターの電話対応の記録
https://s3.amazonaws.com/environmental-investigation-
agency/assets/2015/09/JWRC+Transcripts/JWRC_Call1_in_
Japanese.pdf
EIA ウェブサイトより 日本語)

河野正美議員がJWCSが提供した登録票の写真を資料に問題点を指摘
しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 今年の公開理論研究会は企業がテーマです
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2017年度公開理論研究会
「企業のリスク管理とNGOとのパートナーシップによる取り組み」
●主催:認定NPO法人 野生生物保全論研究会(JWCS)
●日時:2017年6月17日(土)15:00-16:30
●会場:武蔵野市市民会館 会議室
●報告者:永石文明(JWCS理事)
●お申し込み:資料準備のため事前に、メールまたはファクス、
電話(留守番電話が承ります)でお名前と参加人数をお知らせく
ださい。
 E-mail:event@jwcs.org/TEL・FAX:0422-54-4885
14:30-14:45はJWCSの会員総会を行っています。どなたでも傍聴
できますのでお気軽にお立ちよりください。
くわしくは http://www.jwcs.org/activity/event.html

★JWCSは4月からの新年度会員を募集しています。
JWCSのウェブサイトからご連絡ください。
http://www.jwcs.org/join/person.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
JWCSとは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人間にとっての自然環境を守るためにも、野生生物界が健全に維
持されることは必要不可欠です。野生生物は多様なので、人間との
共存を達成する方法もさまざまであると考えられます。
中でも日本が野生動植物を商業的に利用することでその存続を危
うくしている野生生物種の保全を中心に、緊密に連携しあう実践と
理論の構築を行っています。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
★当会への寄付金・正会員会費は所得税・都民税・相続税・
法人税の優遇措置の対象になります。
ご入会・ご寄付のご案内(ネットバンキングがご利用になれます)
→http://www.jwcs.org/join/person.html
 Tel/Fax 0422-54-4885
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

==================================================
JWCS WILDLIFE NEWS! / Vol.126 2017.5.2
認定NPO法人 野生生物保全論研究会(JWCS)
URL :http://www.jwcs.org
メール :info@jwcs.org
Twitter:https://twitter.com/JWCSJWCS
Facebook:現在513いいね!
https://www.facebook.com/JapanWildlifeConservationSociety/
〒180-0022 東京都武蔵野市境1-11-19 モウトAPT102
TEL: 0422-54-4885
発行人:安藤元一  編集人:鈴木希理恵
==================================================
  • 入会・寄付する
  • メルマガに登録する
  • オピニオンブログ
  • 世界のニュースブログ
 

特定非営利活動法人 野生生物保全論研究会(JWCS)
〒180-0022 東京都武蔵野市境1-11-19 モウトAPT102
TEL/FAX:0422-54-4885

(c)copyright JWCS All Rights Reserved.