あなたにできること

野生の世界を守るために、誰にでも、すぐにでも、できることがあります。

スポンサーからの寄付

①エネゴリくんのクリック募金エネゴリ君のクリック募金
JXエネルギー(ENEOS)は、社会貢献活動の一環として、生物多様性の保全を目的に、クリック募金「クリックで守ろう!エネゴリくんの森」を行っています。
ENEOSのクリック募金のサイトにある「ここをクリック」のボタンをクリックすると、クリックしたご本人に代わり、ENEOSからクリック1回につき1円がJWCSに寄付されます。
このご寄付はJWCSの生息地支援事業として、WCSコンゴとポレポレ基金によるアフリカのゴリラの保全活動に使われます。
右のバナーからクリック募金のページに入って、1日1クリックをお願いします。

 

②gooddo(グッドゥ)『NPO法人 野生生物保全論研究会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
gooddoのJWCSのページに行き、毎日クリックをするだけで、支援金が「野生生物保全論研究会」に届けられます。
他にもgooddo内ではFacebookのいいね!やネットでのお買い物、Facebook記事のシェアでもご支援をしていただけます。
ご支援頂いたお金は、人間が利用することで絶滅の危機にある世界の野生生物を守るための活動に活用させて頂きます。
右のバナーからJWCSの応援ページに入って、1日1クリックをお願いします。

買い物をするとき地球のことを考える

▪絶滅のおそれのある野生生物を使ったものを買わない
ワシントン条約の対象になっている象牙、べっ甲、宝石サンゴ、マホガニー▪黒檀などの高級木材、爬虫類や哺乳類の毛皮製品、ペット用の両生爬虫類など、商業取引が絶滅の要因になっている野生生物がいます。需要がある限り違法取引が続き、野生生物を脅かすだけでなく犯罪組織の資金源にもなります。

ヘビやワニの皮で作られた靴や鞄象牙

 

▪環境に配慮した「認証マーク」のついた商品を選ぶ
消費活動を少しでも環境に配慮したものに変えるため、認証マークの付いた商品を選ぼう。

▪「それって必要?」を考える
人間活動による地球への影響を減らすため、大量消費・大量廃棄のライフスタイルを見直そう。

伝える

世界の野生生物の状況や保全の取り組みを、多くの人に伝える活動にご協力ください。
「野生生物と共存する社会の実現」には、まず多くの人が状況を知ることが重要です。

▪Twitter
  JWCSのtwitter新しいタブまたはウインドウで開きますをぜひフォローしてください。

▪Facebook
  JWCSのFacebook新しいタブまたはウインドウで開きますのファンになってください。

▪ボランティア
  JWCSは、野生生物の保護や取引などに関わる世界のニュースを和訳して、ブログ「ワイルドライフニュース」新しいタブまたはウインドウで開きますで広く一般の方に知っていただけるようにお知らせをしています。
  このブログは、JWCSの翻訳ボランティアとして登録された方々の協力によって運営しています。もし翻訳にご協力いただける方は、ページ一番上のお問い合わせ新しいタブまたはウインドウで開きますから、翻訳ボランティアに登録希望、ということでお知らせください。

✽その他に、JWCS主催の各種のイベントや、調査事業などの一時的なボランティアを募集させていただく場合があります。そのようなボランティアは、Facebookやメールマガジン、JWCSのホームページでお知らせをさせていただきますので、ぜひ情報をチェックしてみてください。

▪メールマガジン(登録は無料)
  メールマガジン「JWCS WILDLIFE NEWS !」を月に1回発行しています。
JWCSが主催・後援するイベントのお知らせや、野生生物をめぐる世界のニュースをお知らせしますので、ぜひご登録ください。

バックナンバーは「まぐまぐ」から 新規タブまたはウインドウで開きます

配信登録

メールアドレス:

▼配信を解除される方はこちら
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ

最新号


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
            メールマガジン
     JWCS  WILDLIFE NEWS !

       【vol.124  2017年 2月 28日】

          http://www.jwcs.org
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
 「持続可能な生産・消費」のプロジェクトのフィールドワークで
三重県に行ってきました。三重県には忍者で有名な伊賀市がありま
す。三重大学による多角的な忍者研究から学術的に明らかにされた
里山の伝統知や、里山を活かした現代の地域の取り組みのお話を伺
いました。フィールドワークの成果は夏に発行予定の報告書にまと
めます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 3月3日は国連世界野生生物の日 オリジナル動画拡散希望!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物種の国際取引に
関する条約)は、1972年の国連人間環境会議の勧告を受け、1973年
3月3日にワシントンD.C. で採択されました。
 その40年後の2013年3月に開催された第16回締約国会議で、
「世界野生生物の日」を国連総会に提案することが決議され、国連総
会でも採択されました。これ以後、3月3日は毎年テーマを変えて
野生生物の保全を普及啓発する日になっています。
 今年のテーマは「若者の声を聞こう」。2016年の第17回締約国
会議で若者の関与についての決議を受けて決められました。国連の
定義によると若者とは10歳から24歳だそうです。
 JWCSでは、若者の声をテーマにキャンペーン動画を作りました。
3月3日までツイッターとフェイスブックで発信していますので、
ぜひ拡散にご協力ください。
YouTube https://www.youtube.com/watch?v=IvSZJ_7v1zQ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 天王寺動物園「世界野生生物の日」記念イベントを共催
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「国連世界野生生物の日」を記念して、JWCSは大阪・天王寺動
物園で開催される記念イベントを共催します。このイベントは世界
野生生物の日事務局のサイト
(http://wildlifeday.org/content/events)
の地図に載っています。日本ではこのイベント1か所のみです。
 JWCSスタッフからは、絶滅危惧種の状況や野生生物の密輸のお話
をします。お時間のある方、ぜひご参加ください。

「世界野生生物の日」記念イベント
●日時:3月3日(金) 13時15分~15時15分(開場:13時)
●会場:天王寺動物公園 レクチャールーム
●参加費:無料(入園料別途)
●お申し込み:不要 当日先着順
●問い合わせ:
    建設局天王寺動物園公園事務所 管理担当(06-6771-8404)
    にじゅうまるプロジェクト事務局(bd.20.contact@gmail.com)
●報告者:天王寺動物園獣医、JWCSスタッフ、IUCN日本委員
会スタッフ
 
詳しくは大阪市のウェブサイトをご覧ください。
http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/page/0000390851.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 象牙国内市場閉鎖に関しWWFJに要望書を提出
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2016年秋のワシントン条約締約国会議で、象牙の国内市場閉鎖の
決議が採択されました。中国は2017年12月31日までに象牙の国内
販売禁止を公表し、EU諸国でも規制の例外になっている骨董品等の
対応を議論しています。
しかし日本政府は「日本の市場は“密猟または違法取引の一因“と
はなっていない」と主張しています。
 WWFジャパンは締約国会議前から「日本の象牙市場は大規模な
密猟や密輸に影響を与えているといった傾向は示されていない」ため
「直ちに閉鎖する必要はない」という見解をウェブサイトで公開して
いました。しかし日本から中国への密輸出や国内での違法取引が報
道されています。また今日、閣議決定され国会に提出された種の保存
法の改正法案は、密輸品が紛れ込む隙がある現行制度を大きく変える
ものではありません。
 このような2016年秋からの状況に対応し、日本のNGOが協力して
象牙国内市場閉鎖に向けた取り組みができるよう、トラゾウ保護基金、
アフリカゾウの涙とJWCSはWWFジャパンに要望書を提出しまし
た。
詳細は要望書をご覧ください 
http://www.jwcs.org/data/170215_WWFJ_Petition.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
JWCSとは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人間にとっての自然環境を守るためにも、野生生物界が健全に維
持されることは必要不可欠です。野生生物は多様なので、人間との
共存を達成する方法もさまざまであると考えられます。
中でも日本が野生動植物を商業的に利用することでその存続を危
うくしている野生生物種の保全を中心に、緊密に連携しあう実践と
理論の構築を行っています。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
★当会への寄付金・正会員会費は所得税・都民税・相続税・
法人税の優遇措置の対象になります。
ご入会・ご寄付のご案内
→http://www.jwcs.org/join/person.html
 Tel/Fax 0422-54-4885
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

==================================================
JWCS WILDLIFE NEWS! / Vol.124 2017.2.28
認定NPO法人 野生生物保全論研究会(JWCS)
URL :http://www.jwcs.org
メール :info@jwcs.org
Twitter:https://twitter.com/JWCSJWCS
Facebook:現在482いいね!
https://www.facebook.com/JapanWildlifeConservationSociety/
〒180-0022 東京都武蔵野市境1-11-19 モウトAPT102
TEL: 0422-54-4885
発行人:安藤元一  編集人:鈴木希理恵
==================================================
  • 入会・寄付する
  • メルマガに登録する
  • オピニオンブログ
  • 世界のニュースブログ
 

特定非営利活動法人 野生生物保全論研究会(JWCS)
〒180-0022 東京都武蔵野市境1-11-19 モウトAPT102
TEL/FAX:0422-54-4885

(c)copyright JWCS All Rights Reserved.