ご支援への報告

小原秀雄さん画アフリカゾウ会費・寄付の使途をご報告します。JWCSは有給のスタッフはおりますが、役員報酬は支払っていません。

アフリカのゴリラの生息地支援活動へのご寄付

2011年8月30日~2017年3月31日までのクリック数(1クリック=1円)に応じたJXエネルギー(ENEOS)様からのご寄付により、アフリカでゴリラの保全活動をしている「ポレポレ基金」と「WCSコンゴ」に送金をしました。

エネゴリ君のクリック募金とその活動報告は会報で随時紹介しています。

スローロリス調査・セミナーへのご寄付

スローロリスを絶滅から守るため、JWCSはIUCN(国際自然保護連合)/SSC(種の保存委員会)スローロリス保全行動計画の策定に協力しています。
それに関連し、英国のオックスフォード・ブルックス大学でスローロリスを研究し、また保全に取り組むLittle Fireface Projectのメンバーであるルイーザ・ミュージンさんが来日し、都内のペットショップなどでの販売状況の調査と、環境省野生生物課の担当者との意見交換を行いました。
また一般、特に野生動物について学んでいる学生とその教員向けに、スローロリスの現状と保全に関するセミナーを開催し、情報提供を呼びかけました。

会計報告(2014年9月8日現在)

スローロリスセミナーの様子
収入 収入計
(ご寄付1名様、およびセミナー会場での募金)
39,590円
支出   セミナー会場・プロジェクター賃借料 4,400円
  通訳料(セミナー・環境省との意見交換) 65,000円
  都内調査交通費 13,599円
  インターン交通費 3,734円
支出計 86,733円
収支差額 △47,143円

※ルイーザさんは航空券は自費で賄い、宿泊はJWCSスタッフの自宅にホームステイで賄いました。

CITESプロジェクトへのご寄付

2013年3月3~14日 タイのバンコクで開催された締約国会議にNGOとしてオブザーバー参加しました。高級フカヒレ用サメ、ペット用カメなど日本とかかわりの深い提案がありましたが、野生生物保全の立場から日本国内のNGOとして参加した団体は当会だけでした。2013年3月28日にワシントン条約締約国会議 参加報告会を開催し、報道された結果だけでなく議論の過程やNGOの取り組みなどの報告をしました。

第16回ワシントン条約締約国会議 参加費会計報告(2013年3月14日現在)

第16回ワシントン条約締約国会議の様子
収入 収入計 (ご寄付 19名様より) 96,000円
支出   締約国会議参加登録料  3名分 120,172円
  東京-バンコク航空券  1名分 (2名は自費) 93,190円
  宿泊  9泊分 (14泊分は自費) 48,847円
支出計 (3名分のうち自費以外) 262,209円
収支差額 △166,209円
  • 入会・寄付する
  • メルマガに登録する
  • オピニオンブログ
  • 世界のニュースブログ
 

特定非営利活動法人 野生生物保全論研究会(JWCS)
〒180-0022 東京都武蔵野市境1-11-19 モウトAPT102
TEL/FAX:0422-54-4885

(c)copyright JWCS All Rights Reserved.