普及啓発ツール

このページでは野生生物保全を学ぶ、普及啓発ツールをご紹介しています。

教育または非営利の目的であれば、著作者である野生生物保全論研究会(JWCS)の特別な許可なく複製して使用することができます。その場合は、出典を明記するとともに野生生物保全のために使用することが条件です。

野生生物保全への理解が広がるよう、これらのアイテムをご活用ください。

 

動画

・アフリカにおけるゾウの密猟と日本の需要

アフリカ中央部の熱帯雨林に生息するマルミミゾウは、アフリカゾウの中でも絶滅の危険の高く、密猟が絶えません。マルミミゾウの緻密な象牙は、日本で高い需要があります。

 

・外国産野生動物ペット

ペットとして販売することを目的に、生きた野生動物が日本に輸入されています。外国産野生動物をペットとすることには、1.捕獲による絶滅 2.外来生物問題 3.感染症と体内細菌群 4.適正な飼養 5.密輸と違法販売 の問題があります。

 

・絶滅の危機にあるサメ

サメは水産資源として世界中で利用されています。ところが、サメの仲間はイワシやタラなどと違い、成長が遅く、繁殖力も弱いため、絶滅のおそれのある種が多いことはあまり知られていません。

 

・小原秀雄 生物多様性を語る

「生物多様性の保全」という言葉が使われだした1990年代の初めから、JWCSの理論研究会は、その概念について議論を重ねてきました。「生物多様性を保全する」といいながら「野生生物保全」にはなっていない保全プロジェクトがあるのではないか――。
そして本来の意味の「生物多様性の保全」が実現するよう、教育普及活動を行っています。

「生物多様性」と和訳された英語の「Biodiversity」という言葉には、dis(分離・拡散)vertere(向かう・行く)、つまり進化の結果さまざまな生きものが地球に存在するという意味を含んでいます。しかし、日本では「多様性」という言葉は単に「種類がいろいろある」という意味でとらえられることが多いのではないでしょうか。そのため「生物の歴史の中で、この生きものがこの場所に生きている意味」や「この生きものが未来に向けて進化していく可能性」といった進化、地史を考慮していない保全活動があるように思われます。人間活動によって生物多様性が失われてきたのですから、野生生物の視点に立って考えると生物多様性保全にはまず「野生の世界は野生のままに」、人間による影響をこれ以上広げないことが重要であるとJWCSは考えています。

 

配布資料

・買い物と生物多様性①買い物と生物多様性1

野生動物の密猟や森林の違法伐採で、地球の自然が失われています。野生生物犯罪によって生み出された商品は、知らないうちに私たちの日々の買い物や海外旅行での食事、お土産などに紛れ込んでいるかもしれないのです。

気づかないうちにこのような犯罪に手を貸してしまうことのないように、買ってはいけないものや、海外旅行中に気をつけることなどを、わかりやすく5つのポイントから説明した資料です。

野生生物犯罪につながる買い物をしないようにしようPDF
(約5MB)

 

・買い物と生物多様性②買い物と生物多様性2

買い物をするときに、目の前に並んでいる商品はどこでどのようにつくられたのかを考えること。それが地球の未来を変える一歩になります。

日々の買い物をするときにどんなことに気をつければよいかを、わかりやすく4つのポイントから説明した資料です。

大量消費をやめて地球のことを考えて選ぼうPDF
(約5MB)

  • 入会・寄付する
  • メルマガに登録する
  • オピニオンブログ
  • 世界のニュースブログ
 

特定非営利活動法人 野生生物保全論研究会(JWCS)
〒180-0022 東京都武蔵野市境1-11-19 モウトAPT102
TEL/FAX:0422-54-4885

(c)copyright JWCS All Rights Reserved.