CITES

ワシントン条約(CITES)とは

 ワシントン条約の正式名称は「絶滅のおそれのある野生動植物種の国際取引に関する条約」 (Convention on International Trade in Endangered Species of Wild Fauna and Flora)です。
 つまり野生生物種を絶滅させないために国際取引を規制する条約であり、珍獣の保護が目的ではありません。そのため木材や漁業対象種のように、もともとの生息数が多くても、大規模な国際取引が絶滅の要因になっている動物や植物もワシントン条約の対象になっています。
 決議事項の執行が締約国の政策にゆだねられている条約と違い、ワシントン条約は取引規制という実行力のある手段を持っています。

参考:外務省 「ワシントン条約」のサイト新規タブまたはウインドウで開きます

取引規制の種類(附属書)

 ワシントン条約による国際取引の規制は3種類に分かれており、それぞれの規制に対応する動植物種のリストを「附属書」と呼んでいます。附属書に掲載される種または掲載から外れる種は、締約国会議で決議されます。最新の附属書は経済産業省のサイトで見ることができます。

参考:経済産業省 「ワシントン条約について」のサイト新規タブまたはウインドウで開きます

附属書 CITESによる規制 国内法による規制 附属書掲載の評価基準 掲載種の例
学術目的を除き、国際商業取引禁止 国内でも取引禁止
種の保存法新規タブまたはウインドウで開きます
外為法新規タブまたはウインドウで開きます
関税法新規タブまたはウインドウで開きます
A.小さい個体群
B.限定分布面積
C.生息数の著しい低下
アフリカゾウ(附属書Ⅱに掲げるボツワナ、ナミビア、南アフリカ及びジンバブエの個体群を除く)、アジアゾウ
輸出国の許可が必要 輸入時に輸出許可証等が必要
外為法新規タブまたはウインドウで開きます
関税法新規タブまたはウインドウで開きます
2a A.近い将来附属書Ⅰの条件を満たすことを避けるために、貿易の規制が必要だとわかっているまたは推察される種
2a B.絶滅危惧レベルまで野生個体数を減少させないことを保証するために貿易の規制が必要とわかっているまたは推察される種
2b A.識別困難な似ている種
2b B.上記A以外の説得に足る理由
ホッキョクグマ、クジラ目全種(附属書Ⅰの種を除く)、センザンコウ属全種、ヨーロッパウナギ
自国の野生動植物種の輸出を規制するもので当該国の輸出許可が必要 輸入時に輸出許可証等が必要
外為法新規タブまたはウインドウで開きます
関税法新規タブまたはウインドウで開きます
  中国:モモイロサンゴ、アカサンゴ、シロサンゴ、ミッドサンゴ

注:ワシントン条約の附属書に掲載するときの評価基準(CITES Criteria)は、複数あるうちのいずれか一つを満たせば良いとされる。最新の評価基準(英文):
Criteria for amendment of Appendices I and II-Resolution Conf. 9.24 (Rev. CoP16)新規タブまたはウインドウで開きます

日本が留保している種

 附属書に掲載された種を留保すると、その種については締約国としては扱われず、非締約国と取引を行うことができます。日本は附属書掲載種のうち、以下の動物種を留保しています。

附属書の
ランク
日本が留保している種
附属書Ⅰ ナガスクジラ、イワシクジラ(北太平洋の個体群並びに東経0度から東経70度及び赤道から南極大陸に囲まれる範囲の個体群を除く)、マッコウクジラ、ミンククジラ(Balaenoptera acutorostrataBalaenoptera bonaerensis)、ニタリクジラ、ツチクジラ、カワゴンドウ
附属書Ⅱ ジンベイザメ、ウバザメ、タツノオトシゴ属全種、ホホジロザメ、ヨゴレ、アカシュモクザメ、シロシュモクザメ、ヒラシュモクザメ、ニシネズミザメ

 

参考資料
「海からの持ち込み(Introduction from the sea)」:公海から採取したすべての生物体について定めるワシントン条約の決議新規タブまたはウインドウで開きます(和訳)
鯨肉の国際取引や海からの持ち込みなどでの国際捕鯨委員会(IWC)とCITESの連携新規タブまたはウインドウで開きます(CoP12での決議・英文)
ワシントン条約においてサメが規制対象になるまでの歴史新規タブまたはウインドウで開きます(和訳)
サメ類およびManta Rays(オニイトマキエイ属の種のこと)のCITES附属書への新規掲載に関する事項実施のための能力評価に関するアジア地域ワークショップでまとめられたアモイ宣言新規タブまたはウインドウで開きます(和訳)

 

締約国会議(Conference of the Parties, CoP)

 締約国会議では、条約の運用や執行に関する決議と附属書の改正が議論されます。当会のようなNGOもオブザーバーとして参加できます。
 当会は1994年から締約国会議に参加し、提案に関する日本の現状を国際NGOのメンバーとしてロビーイングするとともに、会議での議論を国内に向け日本語で発信しています。

会議回数 開催期間 開催地 JWCSの活動・注目の議題
第9回 1994年11月7~18日 米国 フォートローデンタール 附属書掲載基準に関する意見書を公表。
第10回 1997年6月9~20日 ジンバブエ-ハラレ アフリカゾウ格下げ提案に対し日本の象牙管理制度の問題点をロビー。
ボツワナ・ナミビア・ジンバブエの個体群が附属書Ⅱに。日本向けに限り、一回限りの象牙取引が決まる。
第11回 2000年4月10日~20日 ケニア-ギギリ アフリカゾウ格下げ提案に対し日本の象牙管理制度の問題点をロビー。
南アフリカの個体群も附属書Ⅱに。
第12回 2002年11月3~15日 チリ-サンチアゴ 象牙の違法取引についての報告書を公表
第13回 2004年10月2~14日日 タイ-バンコク トラ漢方薬の違法流通についての報告書を公表
第14回 2007年6月3~15日 オランダ-ハーグ スローロリス、象牙の違法取引の報告書を公表。
締約国会議での活動をオピニオンブログ新規タブまたはウインドウで開きますで報告。
日本と中国に向けての107,770kgの一回限りの象牙取引を決定。
第15回 2010年3月13~25日 カタール-ドーハ 大西洋クロマグロ提案等会議をTwitterで中継し、オピニオンブログ新規タブまたはウインドウで開きますで報告。
第16回 2013年3月3~14日 タイ-バンコク 高級フカヒレ用サメ、ペット用カメ提案等会議をオピニオンブログ新規タブまたはウインドウで開きますで報告。
アフリカゾウの危機的な状況についての報告書『Elephant in the dust The African elephant crisis』が発表される。

ワシントン条約締約国会議参加報告会 CITES CoP16新規タブまたはウインドウで開きますは2013年3月28日に開催しました。
オピニオンブログ「野生生物とともに生きる未来へ」新規タブまたはウインドウで開きますに締約国会議の様子を報告しています。

☆ワシントン条約参加のためにご寄付をお願いします

このプロジェクトはみなさまのご寄付に支えられています。
日本からの参加の少ないワシントン条約の動向を今後も把握していくために、ぜひみなさんのご協力をお願いします。
なお、ご寄付の収支は、6月以降、会報およびホームページでもご報告しています。

支出の詳細はご支援への報告をご覧ください。

  • 入会・寄付する
  • メルマガに登録する
  • オピニオンブログ
  • 世界のニュースブログ
 

特定非営利活動法人 野生生物保全論研究会(JWCS)
〒180-0022 東京都武蔵野市境1-11-19 モウトAPT102
TEL/FAX:0422-54-4885

(c)copyright JWCS All Rights Reserved.