小さいけれどオンリーワン。

設立趣旨書

日本が野生動植物を商業的に利用することでその存続を危うくしている野生生物種の保全を中心に、緊密に連携しあう実践と理論の構築を行っています。

» 詳しくはこちら

目的及び事業

人間と野生生物が共存する社会の実現を目指します。事業として研究会の運営、調査提言、生息地での保全活動の支援、普及啓発、国際会議参画、会報発行を行っています。

» 詳しくはこちら

役員

役員の多くは研究者で、異なる専門分野から野生生物保全を思考し、会の運営を行っています。

» 詳しくはこちら

沿革

1990年に理論研究会を定期的に開催する会として発足。1995年から会員制度を導入し、2001年にNPO法人に、2014年には寄付金が税制優遇の対象になる認定NPO法人になりました。

» 詳しくはこちら

財務諸表・定款等

NPO法人設立後の財務諸表、定款、規定等を公開しています。

» 詳しくはこちら

 

2016年度決算