生物多様性とくらし

持続可能な消費・生産を目指して

2016年度から3年計画で「生物多様性保全を促進する消費・ライフスタイル形成、普及に関する調査研究・啓発活動~普及啓発の論拠の点検から持続可能な消費・生産(SDGs目標12)、地域活性化との連携・展開を目指して~」を行っています。

JWCSは2012~2014年度に「生物多様性に影響を及ぼす奨励措置の研究(愛知目標3)」を行い3冊の報告書にまとめました(下記、「愛知ターゲット」の項目参照)。
この研究から補助金等を得る立場にある地域が、主体となって政策統合できることが重要という結論に至りました。
そして生物多様性保全を目的にした施策だけではなく、低炭素社会や循環型社会の実現、地域活性化など他の施策と生物多様性保全を統合すべきという提案をしました。

複数の社会問題に総合的に取り組むことは、2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)の特徴でもあります。
当事業は生物多様性保全と、SDGs「持続可能な消費・生産(目標12)」および地域活性化を連携させ、消費者や生産者に保全行動を促すための研究とその普及啓発を行います。

✽この事業は独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金の助成を受けて実施しています。

持続可能な消費・生産

 

愛知ターゲット

2010年に名古屋で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(CBD COP10)では、2011年から2020年までに実効性のある緊急行動を起こすための目標「愛知ターゲット」が採択されました。
この愛知ターゲットは20の目標に分かれており、JWCSはその中の「目標3 生物多様性に影響を及ぼす奨励措置(補助金を含む)の改革」について研究しています。

2012~2014年度の研究では日本では生物多様性に影響を及ぼす奨励措置にはどのようなものがあるか、研究者やNGOスタッフが各々の研究・活動分野から検討し、結果を以下の3冊の報告書にまとめました。

✽この事業は独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金の助成を受けて実施しています。

報告書『愛知ターゲット目標3の達成とグリーン経済への転換にむけて1』

報告書『愛知ターゲット目標3の達成とグリーン経済への転換にむけて①』2012年10月PDF
報告書『愛知ターゲット目標3の達成とグリーン経済への転換にむけて2』

報告書『愛知ターゲット目標3の達成とグリーン経済への転換にむけて②』2014年3月PDF
報告書『愛知ターゲット目標3の達成とグリーン経済への転換にむけて3』

報告書『愛知ターゲット目標3の達成とグリーン経済への転換にむけて③』2015年3月PDF

 

これまでにJWCSが参加した生物多様性条約締約国会議

会議回数 開催期間 開催地 JWCSの活動
第10回
COP10
2010年10月18~29日 日本-名古屋 生物多様性交流フェアに出展。報告書『外国産野生動物ペットをめぐる諸問題』を配布。ブログで会議を報告。
第11回
COP11
2012年10月8~19日 インド-ハイデラバード 愛知ターゲット3について日本の状況を研究した報告書を配布。ブログで会議を報告。NGO共同で報告会を開催。
第12回
COP12
2014年10月6~17日 韓国-平昌 愛知ターゲット3について日本の成功事例を研究した報告書を配布。ブログで会議の報告。

 

生物多様性と消費

日本人の消費行動が、国内外の生物多様性の減少につながってしまうことがあります。そのつながりをJWCSは日本語で発信し、消費行動の見直しを呼びかけています。

例として近年、これまでよりも安価なカシミヤ製品が販売されるようになりましたが、その背景にはチベット高原でのカシミヤヤギの飼育頭数の増加があります。厳しい気象条件のチベット高原に生息する野生の草食動物にとって、家畜のヤギの増加は餌不足の原因になります。またユキヒョウが家畜を襲う機会が増え、報復として殺されます。

このように日本での消費行動と外国の生物多様性は結びついています。

チベット高原の家畜の放牧風景

 

参考資料

◀生物多様性と消費にかかわる会報記事(それぞれ4mbほどのpdfファイルです)
象牙の需要とゾウの危機(JWCS通信第68号) PDF
クマと漢方薬(JWCS通信第67号) PDF
外国産野生動物ペット(JWCS通信第66号) PDF
絶滅の危機にあるサメ③(JWCS通信第65号) PDF
絶滅の危機にあるサメ②(JWCS通信第64号) PDF
絶滅の危機にあるサメ①(JWCS通信第63号) PDF

✽JWCS通信69号以降の号の記事は会報のページに、最新号の記事はトップページに掲載しています。

◀世界の野生生物のニュース
ブログ「ワイルドライフニュース」新しいタブまたはウインドウで開きます

 

☆ご支援のお願い

信頼される情報発信をするには、専門性をもつスタッフによる丁寧な仕事が欠かせません。「人」がいてこそNGOは、専門性や国境を越えた連携が発揮できます。
また若い世代がNGOならではの経験を積むことができる組織であるためにも、資金が必要です。
このような活動を継続するために、ぜひみなさんからのご支援をお願いいたします。

入会・寄付する新しいタブまたはウインドウで開きますのページへ

 

  • 入会・寄付する
  • メルマガに登録する
  • オピニオンブログ
  • 世界のニュースブログ
 

特定非営利活動法人 野生生物保全論研究会(JWCS)
〒180-0022 東京都武蔵野市境1-11-19 モウトAPT102
TEL/FAX:0422-54-4885

(c)copyright JWCS All Rights Reserved.