このポスターは、東京デザイン専門学校の企業課題のクラスに所属している荻野千秋さん(1年生)が2018年にデザインしました。

動物を守ろうとしている食品とは

世界の森林減少の27%は大豆、牛肉、パーム油などの商品作物の大量生産が原因であるという論文が発表されました。そしてアフリカでは農地転用が森林減少の大きな原因になっています [1]。
「野生生物が大事か人間の食料が大事か」と対立させる考え方がありますが、一方で「人間も野生生物も」という努力も存在します。日本での例として、兵庫県でのコウノトリの再導入とコウノトリが生息できる農村の生態系の維持、そしてコウノトリの生息地となっている水田で生産された「コウノトリ育むお米」をブランドとして販売する取り組みが挙げられます。
この「コウノトリ育むお米」のように、農業と野生生物の生存を両立させる取り組みは、世界各地で行われています [2]。

●コーヒー
インド、西ガーツのコーヒー会社は、コーヒーの木を天然木の下に植え、トラ、アジアゾウ、ヒョウなど絶滅危惧種の生息地になっている農園のコーヒーをブランド化しています[3]。提携農家の一人は「サルやジャコウネコがコーヒーの実を食べても追い払わない。私は何らかの形で補償をされているから」と新聞のインタビューに答えています。農園の生物多様性がコーヒーの価格につながっていることを農家が実感しいることが分かります [4]。

●紅茶
ゾウはお茶の葉を食べませんが、餌場への移動の途中に茶畑で休息します。インド、アッサム州ではゾウと人間がお互いに危害を加えないようにしたり、ゾウが農薬を含んだ水を飲んだりしないようにするなど配慮した茶畑で生産された茶葉を、ブランド化しています[5]。

●カカオ
WCSマダガスカルは、キツネザル類が生息するマキラ自然公園の周辺の住民の生活のため、カカオ、バニラ、クローブなどの持続可能な生産を支援しています[6]。

●米
カンボジア、シェムリアップの農家が生産する有機ジャスミン米は、絶滅危惧種のオニトキをシンボルにしてブランド化しています。この地はバンテン(野生のウシ)など60種以上もの絶滅危惧種が生息する国立公園への密猟者や伐採者の通り道にあり、農家は国立公園の保護に協力しています[7]。

●バナナ
バナナ栽培は農薬が周辺の環境に影響を与えるだけでなく、排水を通じてサンゴ礁へ影響を及ぼすことが問題になっています。危険な農薬の使用を止める、有機栽培にするなどで認証を得たバナナが販売されています[8]。

これらの商品には、日本では買えないものもあります。しかし、どのように生産された商品なのかに関心を持って買うものを選んだり、消費者の声として企業に環境への配慮を求めたりすることは、遠くの国の野生生物を守ることにつながっています。

東京デザイン専門学校 荻野千秋さん作成のポスター(2018)-エシカルコンシューマーになろう
東京デザイン専門学校 荻野千秋さん作成のポスター(2018)

参考文献
[1] Philip G. Curtis1, Christy M. Slay1, Nancy L. Harris, Alexandra Tyukavina, Matthew C. Hansen(2018)”Classifying drivers of global forest loss” Science 14 Sep 2018:Vol. 361, Issue 6407, pp. 1108-1111
[2] Wildlife Friendly http://wildlifefriendly.org/buy-wild/新規タブまたはウインドウで開きます
[3] コーヒー Wild Kaapi https://wildkaapi.com/新規タブまたはウインドウで開きます
[4] The Hindu “How wildlife-friendly is your brew?” 2017.6.2
https://www.thehindu.com/life-and-style/homes-and-gardens/worlds-first-certified-wildlife-friendly-coffee/article18706346.ece新規タブまたはウインドウで開きます
[5] 紅茶 Elephant Friendly Tea https://elephantfriendlytea.com/新規タブまたはウインドウで開きます
[6] カカオ https://madagascar.wcs.org/Wild-Places/Makira-Natural-Park.aspx新規タブまたはウインドウで開きます
[7 ]米 http://ibisrice.com/新規タブまたはウインドウで開きます
[8] バナナ https://www.rainforest-alliance.org/lang/ja/work/agriculture/bananas新規タブまたはウインドウで開きます
http://www.fyffes.com/our-passion-for-fruit/organics-and-fairtrade#organics新規タブまたはウインドウで開きます

持続可能な消費・生産を目指して

2016年度から3年計画で「生物多様性保全を促進する消費・ライフスタイル形成、普及に関する調査研究・啓発活動~普及啓発の論拠の点検から持続可能な消費・生産(SDGs目標12)、地域活性化との連携・展開を目指して~」を行っています。

JWCSは2012~2014年度に「生物多様性に影響を及ぼす奨励措置の研究(愛知目標3)」を行い3冊の報告書にまとめました。
この研究から補助金等を得る立場にある地域が、主体となって政策統合できることが重要という結論に至りました。
そして生物多様性保全を目的にした施策だけではなく、低炭素社会や循環型社会の実現、地域活性化など他の施策と生物多様性保全を統合すべきという提案をしました。

複数の社会問題に総合的に取り組むことは、2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)の特徴でもあります。
当事業は生物多様性保全と、SDGs「持続可能な消費・生産(目標12)」および地域活性化を連携させ、消費者や生産者に保全行動を促すための研究とその普及啓発を行います。

✽この事業は独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金の助成を受けて実施しています。

持続可能な消費・生産

消費・生産から生物多様性保全を考えるガイドブック

2016年度から開始した、「生物多様性保全を促進する消費・ライフスタイル形成、普及に関する調査研究・啓発活動~普及啓発の論拠の点検から持続可能な消費・生産(SDGs目標12)、地域活性化との連携・展開を目指して~」の成果として、世界の生物多様性を損失させないようにするには、日本での生産や消費をどのように変えていかなければならないのかを解説したガイドブックを発行しました。

生物多様性保全と持続可能な消費・生産ガイドブック

前半ダウンロード 生物多様性保全と持続可能な消費・生産ガイドブックPDF
中半ダウンロード 生物多様性保全と持続可能な消費・生産ガイドブックPDF
後半ダウンロード 生物多様性保全と持続可能な消費・生産ガイドブックPDF

買い物と生物多様性

野生動物の密猟や森林の違法伐採で、地球の自然が失われています。野生生物犯罪によって生み出された商品は、知らないうちに私たちの日々の買い物や海外旅行での食事、お土産などに紛れ込んでいるかもしれないのです。

買い物をするときに、目の前に並んでいる商品はどこでどのようにつくられたのかを考えること。それが地球の未来を変える一歩になります。

買い物と生物多様性1

野生生物犯罪につながる買い物をしないようにしよう(2015)PDF
(約5MB)

買い物と生物多様性2

大量消費をやめて地球のことを考えて選ぼう(2015)PDF
(約5MB)